国内でも、有数の人気動物園となっている旭山動物園です。が、その一番の特徴は、やはり「行動展示」になりますよね。 行動展示というのは、展示方法のひとつで、普通の展示とは少し違う特徴を持っているのです。 通常、動物園の展示は「形態展示」というタイプで、動物の姿を見ることが、前提になっている展示方法なのです。

ほとんどの動物園でみられるように、キリンやゾウなどを柵の中に入れて、柵の外から見られるようにしている形のことですね。 でも、行動展示は違うのです。 行動展示は動物の姿でなくて、動物の生活や行動を観察することを主題にしている展示方法になります。 わかりやすい例でいえば、ペンギンのプールの中に、水中トンネルを設置し、その中を進むペンギンが見られるようにしているた感じのことです。

その他の動物もそうなのですが、自然の中で生活している環境にできるだけ近い形で、動物を放し飼いにして、それを観察できるようにしているのが、行動展示なのです。 この「行動展示」が、旭山動物園の一番の特徴だといえるでしょう。 その他にも、旭山動物園では「混合展示」という複数の動物を同じ場所で混合させて、飼育する試みも行っているのです。

関連ページ